多様な子たちに多様な教育を

SCALA(Student Choosing Alternative Learning Approaches)とは「多様な学び方から選択する生徒」という意味です。海外ではひとりひとりにあわせた多様な学び方が生まれるこの時代に、NEOは画一的な日本の教育現場に新しい風を吹き込みます。

NEO

教育相談窓口

NEOではLINE公式カウントを利用した「無料教育相談チャンネル」を開設しています。ご希望の方は以下ボタンもしくはQRコードよりNEOを友だち追加して、お気軽に話しかけてください。

教育相談会

NEOでは「親カフェ」という教育相談会・子育てサロンを開催しております。保護者の方々の交流や情報交換を目的とした会で、まるでカフェでお茶をする感覚でお話をします。参加は無料です。開催日時や場所など詳しくはご連絡ください。
教育相談会・子育てサロン

キャンパスハウスプロジェクト

NEOは、キャンパスハウスプロジェクト(CHP)を通して「学び舎の多様化」を推進しています。NEOの各スクールのハウスティーチャーとなり、ご自宅を教室として開校していただけるFC加盟教室を増やしていくことで、学ぶ場所や環境を生徒たちがより選択可能な状況をつくることが狙いです。そのためNEOの教育コンテンツは、システムやオンラインを最大限活用することで、多様な教育環境にも適応できるものとなっており、生徒たちは場所や環境問わず一定水準のサポートを受けることが可能です。

学校に先生が居るのではなく、先生が居る場所が教室。

ひとつの決まった場所(学校)に、すべての先生も生徒も一堂に集まるという教育環境であれば、もはや生徒に環境を選ぶ選択肢はなく、もしその場所に少しでも行きづらさを感じてしまった瞬間、健全な学びの機会が100%奪われることになります。それはとてもリスクのあることでありながら、簡単に起こり得てしまうことでもあります。CHPはそのリスクの分散、具体的には生徒に選択肢と逃げ場をつくってあげることを目的としています。

NEOはプロジェクトFC加盟教室を随時募集しております。ご自宅を生徒たちの学び舎「キャンパスハウス」として、NEOの各種スクールを開校しませんか?

実践型アクティブプログラミングスクール
通信制高校・大学サポート校
  • なぜ、いま、キャンパスハウスなのか?
    • 教室数を可能な限り増やすことで、生徒たちの通う場所の選択肢を増やす。
    • 固定費(テナント費用)を抑えることで、ご家庭負担を軽減して還元する。
    • ありきたりな無機質な教室ではなく、アットホームな空間の教室をつくる。
    • 1クラス5人程度の少人数制により、対人関係や対人指導の質を向上する。
キャンパスハウスの教室長として活動することに関心のある方は、NEOのLINE公式アカウントよりご連絡ください。